用語検索
オフショア市場
非居住者(政府や海外の企業等)が資金調達の自由化や資金運用ができるように、金融の規制、税制面での優遇措置が採られている“国際金融市場をオフショア市場”といいます。「自由な国際金融取引の場」の事です。近年、ユーロ市場の意義が高まり、それに伴って各国が自国の規制とは別に区別した市場を国内に設置したものです。(銀行等が通常取引と、オフショア勘定を区別して帳簿上、設定しています)オフショア市場には次の市場に分けられます。国内の金融市場とは厳密に分けられ、原則として、外取引から外取引・非居住者から非居住者への取引のみ自由とた市場と、国内地理引き・外取引から外取引に制度上の区別がない市場、タックスヘイブンにおいて海外子会社同士が取引を行う市場、この三つに分けられ、節税目的に利用されています。
管理者のプチコメント
オフショア市場では、外者同士取引を行いやすくしている制度の事ですね。
ページトップへ
 





 

Copyright (C) 2006 金融用語を簡単チェック!. All Rights Reserved.