用語検索
流動性預金/定期性預金
「流動性預金」とは現金化しやすい預金の事です。いつでも出し入れが可能な“普通預金”や手形小切手の決済等に使用する“当座預金”、預け入れて一定期間後に事前通知すれば引き出せる“通知預金”があります。「定期性預金」は一定期間の間は引き出せない預金の事です。“定期預金”と呼ばれるスーパー定期・大口預金があります。流動性の低い順に並べると、長期の定期預金→短期の定期預金→貯蓄預金→通知預金→普通預金→当座預金になり、収益性と流動性は反比例します。今の低金利政策の影響から、現在は普通預金と定期預金の金利差はほとんどありません。(定期預金は中途解約すると不利になります)銀行で扱われる預金は大きくはこの二つに分けられます。
管理者のプチコメント
低金利では、定期預金にするメリットが少ない為、少し投資をするのも預金を大きくする手立てです。
ページトップへ
 





 

Copyright (C) 2006 金融用語を簡単チェック!. All Rights Reserved.