用語検索
保護預かり/保管振替制度
顧客から預かった株を、盗難・紛失を避ける為に、証券会社あるいは、証券保管振替機構が株を保管する制度の事です。(本券を紛失してしまうと、所有者の権利を証明する為に、膨大な時間と手間が掛かる為)証券会社が顧客から預かった証券は、証券会社の資産とは別に管理されていて、尚且つ、有価証券については証券保管振替機構が預かる形式になって為、証券会社が倒産した際にも、基本的には顧客の資産は保持される仕組みになっています。保護預かりの場合、投資家に対して販売金融機関は、月毎に、投資家より預かる資産を報告する報告書「月次報告書方式」を送ります。保管振替制度とは、1991年に導入された制度で、証券保管振替機構が証券を預かり、売買が行われるごとに、名義を振り替え、受け渡しを簡素化するために設けられたものです。「ほふり」という愛称で知られています。(実質株主制度等とも呼ばれています)
管理者のプチコメント
確かに、紙一枚に凄い金額がついているものもあるしので、自身での保管は不安です。
ページトップへ
 





 

Copyright (C) 2006 金融用語を簡単チェック!. All Rights Reserved.