用語検索
ゼロ金利政策
1999年より、コール市場の金利が政策的にゼロ(又は、それに近い低金利)にした、日銀がとった超金利政策のことです。金融システムの不安・長期金利の上昇による景気の後退と物価の下落という悪循環(デフレスパイラル)を防ぐことが目的で実施されました。日銀は、1999年3月に「短期金融市場の無担保コール翌日物金利」を史上最低の0.15%に引き下げました。(この時の日銀の速水総裁は「翌日物金利はゼロでもよい」と公言した為、“ゼロ金利政策”と呼ばれる様になりました。
管理者のプチコメント
一年の予定が、六年も続いて要約成果がみられました。
ページトップへ
 





 

Copyright (C) 2006 金融用語を簡単チェック!. All Rights Reserved.