用語検索
IMF改革
アジア通貨危機をきっかけに、改革の見直しが進められています。IMFに対する批判は、IMFが融資を受ける側の国に対して要求する条件に、金融システムが危機的な状況のアジア諸国に対しても財政を緊縮させる金融政策の実施を、融資先の政府に求めました。この為「IMFは危機の実情に見合った融資条件を設定していない」という批判や、IMFは”短期的”国際収支不均衡の調整が目的の国際金融機関でしたが、経済危機に陥った国に対する融資に加え、”中長期的”開発融資や、旧共産主義諸国への体制移行融資にまで拡大するようになり、アジア通貨危機の際には、支援融資額が莫大しました。このような批判があった為、IMFの機構や役割の見直しが始まりました。
管理者のプチコメント
終わりが見えないことなので、どこまでも融資してしまうのでしょう。
ページトップへ
 





 

Copyright (C) 2006 金融用語を簡単チェック!. All Rights Reserved.